映画「一陽来復」札幌上映会報告

9月1日防災の日、晴天の札幌での映画「一陽来復 Life Goes On」上映会。

予想を超える大勢の方々にお越しいただき2回の上映会400名以上のお客様を迎え、無事に開催されました。ご来場くださった皆様、主催のシネマ一馬力 岡村さん、札幌映画サークルの皆さま、ありがとうございました!

元朝日新聞東京本社編集局長でジャーナリストの外岡秀俊さんとユンミア監督との対談は、外岡さんの上手なリードで、制作の舞台裏や、監督の想いなどたっぷりお話しさせていただきました。

そしてお客様からのリクエストで自然発生的に募金が集まりました!お寄せいただいた募金は、石巻の遠藤伸一さんが共同代表を務めている「こころスマイルプロジェクト」に全額寄付いたします。

札幌の皆様のあたたかさに包まれた上映会でした。本当にありがとうございました!

カテゴリー: NEWS

8/5福山映画「一陽来復」1回限定上映決定!

「一陽来復」舞台挨拶付き特別上映 決定!
※小説家・島田荘司さんの登壇が決定しました!※

8月5日(日)10:00の回、1回限りの上映が決定致しました。
上映後には舞台挨拶もございます!
ぜひ、この機会にお越しくださいませ。

●福山駅前シネマモード(広島県福山市伏見町4-33)
8月5日(日)10:00の回上映後
登壇者:島田荘司(小説家)×ユンミア監督 × 益田祐美子(プロデューサー)

カテゴリー: NEWS

8/4~映画「一陽来復」愛媛上映決定!

「一陽来復」愛媛 シネマルナティック・上映決定

【上映スケジュール】8/4公開! 8/4(土)~8/10(金)10:00

【舞台挨拶情報】 8/4(土)10:00の回上映後

        登壇者:ユンミア監督×益田祐美子(プロデューサー)

※登壇者は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください

シネマルナティック http://movie.geocities.jp/cine_luna/

※通常料金 前売券使用可、お持ちのお客様は劇場窓口で  入場券とのお引換が必要となります

カテゴリー: NEWS

高島平で「李藝~最初の朝鮮通信使~」上映

ユネスコの無形文化遺産に登録が決まった朝鮮通信史。

その一役を担ったといっても過言ではないかもしれません。

6年前に製作し劇場公開した韓国との合作ドキュメンタリー映画

「李藝~最初の朝鮮通信使~」が、7月8日(日)高島平で上映されます。

ナビゲーターは韓国の俳優ユン・テヨンさん、ナレーションは小宮悦子さん。

是非、この機に御覧くださいね。詳細は下記チラシ参照を。

カテゴリー: NEWS

6/12「一陽来復」高山上映・トークショー

★映画「一陽来復」岐阜新聞映画部 in 高山上映&トークショー★

日時:6月12日(火)18:30~
会場:高山市民文化会館 小ホール(岐阜県高山市昭和町1-188-1)
登壇者:ユンミア監督、益田祐美子プロデューサー(高山市出身)、
    伏見七夫(高山市在住)

※敬称略
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます

◆チケット情報
料金:1500円(税込)
・WEB・ファミリーマートでチケット発売中!
・高山市民文化会館窓口 販売中!

<WEB・ファミリーマートでの購入方法はこちらから>
https://gifumovieclub.com/news/808
※お申込みには「47club ticket」への会員登録(無料)が必要です

詳しくはこちらから!
https://gifumovieclub.com/news/808

カテゴリー: NEWS

主演女優と監督 愛媛県と松山市を表敬訪問

5月31日(木) 映画「ソローキンの見た桜」のクランクインを前に、
井上雅貴監督と主演の阿部純子さん、
出演者の井上イリーナさん、井上ミレナさんらと
愛媛県上甲俊史副知事と松山市野志克仁市長を表敬訪問しました。
愛媛県では「みきゃん」ちゃんがお出迎え、
訪問後に行われた記者会見も大いに盛り上がりました。

カテゴリー: NEWS

モスクワで日露友好年式典に参加

5月26日 日露友好年のオープニング式典とレセプションに
ロシア大統領府からの招待で『ソローキンの見た桜』製作委員会を代表して
参加してきました。
会場となるボリショイ劇場前では、南海放送の河田会長がロシアの
主力TV局のインタビューを受け
映画『ソローキンの見た桜』と愛媛のPRを熱弁。
式典はロシアらしく約2時間半遅れでスタート。
プーチン大統領と安倍首相のスピーチを聞きながら、
レセプションが終了したのが真夜中。
強行軍でしたが、これから始まる撮影に追い風になりました。

カテゴリー: NEWS

ロシア大使館で新作映画「ソローキンの見た桜」製作発表

第1回放送文化大賞グランプリに輝いたラジオドラマ『~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ ソローキンの見た桜』の実写化作品で、日露戦争のさなか、愛媛県松山市に設置された捕虜収容所を舞台に、日本人女性と捕虜のロシア軍少尉がはぐくんだ愛の物語を描く映画『ソローキンの見た桜』。
5月21日(月)、在日ロシア連邦大使館にて本作の製作発表会見が行われ、主演の阿部純子さんをはじめ、イッセー尾形さん、井上雅貴監督、原作者の田中和彦さん、ミハイル・ガルージン駐日ロシア大使が出席。平成プロジェクトが製作委員会の幹事と制作を担当いたします。

来年春公開、ご期待くださいね。

カテゴリー: NEWS