「美濃・飛騨から世界へ!映像企画募集」

■募集内容

「美濃・飛騨から世界へ!映像企画募集」

新型コロナ感染による緊急事態宣言が発表されてから、自宅に巣ごもりしている時間が長くなっていますが、今だからこそできる「飛騨から世界へ!映像企画募集」を行います。
グランプリ企画は、プロデユーサー陣が作品完成発信に向け動きます。以下の要項を確認のうえ、ご応募ください。

■テーマ

  1. 「美濃・飛騨を舞台にしたホラーミステリー映画・映像コンテンツ」
    オール飛騨、あるいは一部飛騨ロケを想定したホラー映画・映像コンテンツの企画書とあらすじ。設定は現代(一部過去も可)、90~100分程度の長さの映画、あるいはネットやTVで発信できる映像コンテンツを想定。3,000字以内。企画書の形式は自由。

■賞金

それぞれグランプリ1点100,000円。準グランプリ1点50,000円。
その他 審査員特別賞もあり

■締め切り

2020年6月30日(火)到着分

■応募広報

氏名、郵便番号、御住所、電話番号、略歴、御職業、年齢、あれば作品歴(受賞歴)を明記のうえ、以下応募ください。

■応募先

郵送かメールにて受け付けます。
102-0092千代田区隼町3-19 清水ビル2階
株式会社平成プロジェクト
info@heisei.pro
郵便物、件名に「美濃・飛騨から世界へ!映像企画募集」と明記ください。

■審査員

審査委員長: 益田 祐美子(映画コンテンツプロデューサー/平成プロジェクト代表)
審査委員:
  • 尾崎 和廣((一社)高山市文化協会副会長)
  • 吉川剛史(㈱官民連携事業研究所取締役)
  • 増田 英明(配給宣伝プロデューサー/ラビットハウス代表)
  • 岐阜市出身。ギャガ、アスキー映画、20世紀FOX、マイシアターで映画配給、製作を経験し、2015年(株)エレファントハウス代表取締役就任。「あん」「淵に立つ」「寝ても覚めても」「愛がなんだ」等の製作、配給宣伝業務を行なった。

  • 上田勝弘(大垣精工株式会社代表取締役会長)
  • 渡辺 裕之(俳優)
    渡辺裕之(俳優)
  • 蒲 敦子(蒲酒造場代表取締役)
    蒲 敦子(蒲酒造場代表取締役)

■審査結果について

平成プロジェクトのホームページ及び岐阜新聞等地元マスコミにて8月頃結果を告知します。
個別の問い合わせはご遠慮ください。

■ご注意

入賞の際は映像化決定までの期間、作品の著作権は第三社に譲渡など処分しないことと、映像化が決定した際は、別途協議する対価の受領により著作権を幹事会社に譲渡することなどお約束いただきます。
※映像化されない場合もございますので、ご了承ください。

■主催:企画

主催:飛騨から世界へ製作委員会(幹事会社:平成プロジェクト)
企画:平成プロジェクト/マウンテンゲートプロダクション